AGA治療における薬の効果をAGAの特徴から学ぶ

遺伝するのは酵素

生え際を見る

ハゲは遺伝する、なんて俗に言われます。これは、AGAが遺伝性のある病気だからです。つまりすべての脱毛症が遺伝するわけではなく、男性型脱毛症が遺伝しやすいということです。
AGAはこのように遺伝するわけですが、AGA治療は遺伝してしまう部分をターゲットとして効果を発揮するよう行われるので、遺伝だからもう無理と諦めることもありません。まずは医師に相談し、自分にできるAGA治療がないかどうかを相談してみることが大切です。

AGAにおいて遺伝する要素は、髪の毛に直接影響をおよぼすジヒドロテストステロンではなく、ジヒドロテストステロンの前駆体であるテストステロンでもなく、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変える5αリダクターゼです。5αリダクターゼは必ず人体に存在する酵素ですが、それがどれくらい活発に働くのか、どれくらい多く生成されるのかは遺伝によって決定されます。そのため、その度合が強い人はAGAになりやすく、その度合が弱い人はAGAになりにくいといえます。

AGA治療においては、この5αリダクターゼへとアプローチをかけます。5αリダクターゼは、さまざまな成分により抑制できることが分かっています。5αリダクターゼの働きを抑制することができれば、髪の毛に直接影響をおよぼすジヒドロテストステロンの量も一緒に減らすことが可能となり、AGAの症状を改善することが可能です。