AGA治療における薬の効果をAGAの特徴から学ぶ

治療薬のアプローチ

タンクトップ

AGA治療薬は、代表的な男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンという刺激の強いホルモンへと変わるのを防ぐために投与されます。そのメカニズムは、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変えてしまう5αリダクターゼという酵素の活動を制限するというもので、このAGA治療は多くのAGA患者に有効だといえます。
しかし、すべてのAGA治療薬がすべてのAGA患者に有効だというわけではありません。その人に合ったタイプの治療薬が選択されることになります。

例えば、フィナステリドという有効成分があります。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを制限する効果が認められており、日本皮膚科学会もAGA治療薬にフィナステリドを使用することを認めています。AGA治療薬として使われている有効成分のなかでも、フィナステリドは高い知名度を誇っているともいえます。
しかし、フィナステリドが効果を発揮するのは、5αリダクターゼのなかでも「2型5αリダクターゼ」のみです。5αリダクターゼは二種類あり、もう片方である「1型5αリダクターゼ」には十分な効果を発揮しません。

5αリダクターゼであれば、どちらもAGAの発症に関係しているとされています。しかし、より多くの男性を苦しめているのは2型5αリダクターゼだといわれています。理由としては、2型5αリダクターゼの量が少ない人にAGA患者が見られないことが挙げられます。またその他の理由として、1型5αリダクターゼは頭皮全体的に存在しますが、2型5αリダクターゼは前頭部にしか存在しないことが挙げられます。AGAは額の生え際や頭頂部から進行することはありますが、後頭部から進行することはありません。1型5αリダクターゼが原因であれば、後頭部からも進行するはずなのです。
そのため、AGA治療薬には2型5αリダクターゼに有効であるフィナステリドが多く使用されています。

もちろん、1型5αリダクターゼにも有効な成分も存在します。ノコギリヤシがその代表例で、アロエや緑茶なども5αリダクターゼの働きを制限する効果を持つとされています。