AGA治療における薬の効果をAGAの特徴から学ぶ

関係するホルモン

髪を触る

脱毛症になったら、まずはどのような原因で抜け毛が起きているのかというのを特定する必要があります。対処療法だけなら簡単ですが、根本から取り除く原因療法でなければ、きちんとした解決は見込めないからです。
その点、脱毛症という大きなくくりで言えば、原因はさまざまにあるため特定が難しいといえます。しかしAGAであれば、あるホルモンの働きが抜け毛に関係していると分かっているので、AGA治療においてはその原因を取り除くことが十分に可能です。

あるホルモンとは、テストステロンという男性ホルモンです。骨や筋肉の形成に関わり、男らしい体つきを作ります。また性欲を司るホルモンでもあり、テストステロンがあるからこそ男性は性欲を持つことができるようになります。
このホルモンは必須のもので、男性の体にはなくてはならないものです。女性の体にも、少量が存在しています。
しかしその一方、テストステロンは脱毛症の原因となりえます。
血管に乗って体を循環しながら、頭皮の毛細血管から髪の毛の毛包へとたどり着くと、テストステロンは5αリダクターゼという酵素の影響を受けます。そうすると、テストステロンはジヒドロテストステロンというより活性度の高いホルモンへと変化します。このジヒドロテストステロンが毛包内で活発的に動きまわり、髪の毛に強い刺激を与えて成長を妨害してしまうのです。

AGA治療においては、テストステロンを減らすことはできないので、この5αリダクターゼを抑制する方向で薬の調整が行われています。そうすることでジヒドロテストステロンが毛包内に多く発生することがなく、ホルモンの働きにより抜けてしまう髪の毛が減っていくのです。