AGA治療における薬の効果をAGAの特徴から学ぶ

ふたつのタイプ

頭部

AGAの確定的な要因として、5αリダクターゼが挙げられます。これは人間が持つ還元酵素のひとつで、男性ホルモンであるテストステロンを髪の毛へ悪影響となるジヒドロテストステロンへと変えてしまいます。テストステロンは必要なホルモンであるため、5αリダクターゼの働きを抑えこむことがAGA治療においては重要となります。

5αリダクターゼには、2つの種類があります。それぞれ、1型5αリダクターゼ、2型5αリダクターゼと呼ばれます。これらの酵素はほとんど同じ働きを持ちますが、存在している場所が異なります。

1型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在しているといわれています。皮脂腺とは皮脂を分泌するための場所で、皮膚の潤いを保ち、細菌やウイルスを寄せ付けないための役割を果たしています。多すぎるとベタベタしてよくありませんが、少なすぎても困るわけです。また、1型リダクターゼは前頭部の皮膚だけでなく後頭部の皮膚にも存在しています。
2型5αリダクターゼは、毛乳頭に多く存在しているといわれています。毛乳頭とは、髪の毛の一番根っこにある部分で、毛細血管から酸素や栄養分を受け取る場所です。2型5αリダクターゼは1型5αリダクターゼと違い、前頭部にしか存在しないといわれています。

AGAにより深く関係しているといわれているのは2型5αリダクターゼですが、どちらも原因となるので、AGA治療においてはどちらも無視できません。どちらの5αリダクターゼが多いかどうかを判断する方法があります。頭皮が脂っこく、どうも皮脂が多く分泌されているようであれば、1型5αリダクターゼが多いと考えられます。一方、頭皮以外の体毛、例えばヒゲや胸毛などが濃いのであれば、2型5αリダクターゼが多いと考えられます。どちらの5αリダクターゼが多いかどうかでAGA治療の方法が変わってくるので、できれば医師に判断してもらった方が安心です。