AGA治療における薬の効果をAGAの特徴から学ぶ

男性ばかりではない

髪をとく

AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれています。これは、男性に多く発症する脱毛症だからです。AGAの原因となるのはテストステロンと呼ばれるホルモンで、AGA治療においてもこのテストステロン関連のアプローチが行われます。テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の体に多く存在しています。そのため、AGAは男性に多く発症するのです。
テストステロンは男性的な体つきを作るためのホルモンです。しかし男性のみが持っているホルモンというわけではなく、女性も少量ですが持っています。ちなみに、女性ホルモンの代表例であるエストロゲンは女性らしい体つきを作るためのホルモンですが、テストステロンと同じように、男性も少量のエストロゲンを持っています。
このような特徴から、AGAは男性に「多い」脱毛症ではありますが、男性「のみ」の脱毛症ではありません。女性が発症することもあります。

特に近年は、女性の脱毛症が増えてきているといわれています。その多くは女性特有の「産後脱毛症」であったり、「びまん性脱毛症」であったりしますが、AGAの数もそれなりにあるのです。
これは、現代のストレス社会という側面が多く関係していると考えられています。現代はストレスを受ける機会が非常に多いといわれており、多くの現代人は過剰なストレスにさらされています。過剰なストレスはさまざまな体調不良へとつながりますが、脱毛症もそのうちのひとつです。ストレスにより発症する脱毛症は一般的にAGAと区別されますが、AGAがストレスによりさらに進行するケースは考えられます。そのため、AGA治療の際には強いストレスを受けていないかどうかもチェックポイントとなります。
さらに女性の場合は、ホルモンバランスの乱れもAGAの大きな原因となります。女性は男性に比べ、ホルモンバランスが乱れやすいといわれています。この乱れにより、テストステロンが正常値より多く分泌されてしまう可能性があります。そうすると、AGAとなってしまう可能性も高くなってしまうのです。

女性がAGAになってしまった場合も、男性と同じようなAGA治療が行われます。しかし、やはり女性と男性では原因に細かい差がありますし、個人によってもストレスの原因などは変わってきますから、AGA治療の際は個人個人のケースで考えて治療の計画を立てることが大切です。そういったAGA治療のためには、一度専門病院を受診したほうがいいでしょう。